FC2ブログ

八千代ブログ

見習い女将による着物ブログ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加賀前田家 百万石の名宝

0   0

昨日の話になりますが、

石川県立美術館へ『加賀前田家 百万石の名宝』を見に行ってきました

北陸新幹線金沢開業の記念として開かれた展覧会なので

滅多にお目にかかれないような貴重な品が展示されていました。

そんな貴重なもの、いつ見られるかわからない!

でもいま金沢は観光客が多いし…行こうか、どうしようか~と

迷っているうちに、結局は最終日に行くことに(^-^;)

ちょうどお客様へのお届け物があってよかったです。笑



目当てのひとつは重要文化財に指定されている大名物茄子茶入。

天下三茄子のうちのひとつにあたる冨士茄子です。

なんといっても艶が素晴らしかったです

これが500年以上前の物なのかと疑ってしまうくらいに美しかったです。



もうひとつは大典太という国宝の太刀です。

詳しい人に言わせると「次にいつ見られるかわからない」だそう。

これを聞くとなんとなく見にいかないと損するような気分になりますね

ちなみにこちらは天下五剣のうちの一振りだそうです。

(昔の人って天下○○って言葉が好きなのかしら…?)

八千代は展示してある刀を見るのは今回が初めてで

刀のどの部分を見ればいいとか、鑑賞のポイントなど全く知らないのですが

大典太だけが異質なのはなんとなく感じ取れました。

両隣に並んでいるのも同じ国宝の刀なのに、一振りだけ雰囲気が違います。

あれが所謂オーラっていうのでしょうか。



上記のものとは別に、見て良かったなと思ったのが

重要文化財の『豊明絵草紙絵巻』と『百工比照』です。

豊明絵草紙絵巻は色彩のない、線だけで描かれた白描画です。

画面がほぼ紙の白と墨の黒だけで構成されているなかに

人物の唇など、ほんの僅かな部分にだけ赤色が置いてあり

これがなんとも艶めかしいのです

鎌倉時代のものでありながら、

まるで近代アートを見ているかのような気持ちにさせられました。


百工比照は紙・蒔絵・色漆・革・織物・金具など

さまざまな分野の製品や技法を比照すべく計画して収集・分類・整理したもの。

見本帳…というと少し違う気もしますが、そんな感じでしょうか。

なかには小紋の柄見本もあり、その時代の工匠たちの仕事が見て取れます。

他には日本書紀や土佐日記なども展示されていましたが

学の無い私には何が書いてあるかわからないので

絵巻物など知識がなくても見て楽しめるものの方が印象に残りました

ちなみに美術館へは何も知らずに着物で行ったのですが、

受付できもの割引が適用されましたやったね



このあと移動してめいてつエムザへ石川の伝統工芸展も見に行ったのですが

ちょっと長くなってしまったので、続きはまた明日~(^-^)/

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yachiyo529.blog55.fc2.com/tb.php/493-97c9f376
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。