FC2ブログ

八千代ブログ

見習い女将による着物ブログ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単衣・薄物を着る時期が増えれば…

0   0

真夏日が続いていますが

みなさまどのような服装でお過ごしでしょうか?

八千代は今月頭からずっと単衣を着ています

お茶の先生のお許しを得てお稽古の際も単衣です。

半袖の方ですら釜の前に座れば顔から汗を流すのに

着物の私が同じ事をして平気だなんて、そんなはずありません

着物暦の現代版として春単衣は5月~6月中旬、

薄物は6月中旬~9月下旬、秋単衣は9月下旬~10月中旬とかに

改正したらいいのに。笑

それか「この時期!」とキッチリ決めずに

上記のような衣更えの時期はあくまで目安としてラクに考えて

その日の天候に合わせて着る物を変えるスタイルに変わればいいのになぁ。

それなら6月下旬や9月の頭にお茶会があっても

「ゲッ…」と思わずに済むのに…

真夏以外にも暑い日が増えた分、

単衣や薄物を着る時期はもっと長くてもいいと思います。



写真の着物は白山工房の角印・牛首紬。

京都の老舗染匠「いち川」の市川純一郎さんの後染めによる作品です。



20150526.jpg



柄に箔が使われているためそのままでは湯通しができないので

箔を置く前に湯通しがされたものだと思われます。

そのため、悉皆に出す前の状態でも充分に柔らかくなっていました

軽くてシャリ感があり、私にとっては理想の単衣です。

着物自体がシンプルなデザインなので

帯を変えればいろいろと遊べそうです

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yachiyo529.blog55.fc2.com/tb.php/492-c82133e1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。