FC2ブログ

八千代ブログ

見習い女将による着物ブログ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年扇子。衝撃の事実が発覚

0   0

私の茶道の先生は、毎年初稽古には新しい扇子をくださいます。

昨日がその初稽古の日だったのですが

扇子を手渡しながら

「今年の扇子は白竹にしました」と先生。

おお、白竹!

毎年ずっと塗りの扇子だったのに珍しい~!と

思っていると、先生から衝撃の一言。


「正式な場では塗りではなく白竹の扇子を持って行きなさいね」


………。

えっ…今までの行事、全部塗りの扇子で行ってました…

知ったときには時既に遅し…

あとお恥ずかしながら私、茶道で用いる白竹の扇子は

男の人の物だと勝手に思い込んでおりました

(お稽古では私を含めほとんどの方が塗りの扇子を使っていて、

唯一男の先輩だけが白竹を使っていたので…)

新年早々、衝撃が走った瞬間でした



私の先生はたまに雪月花や紅葉など、干支と関係のないものも選ばれますが

基本的にはその年の干支に因んだ柄を選ばれます。

ちなみに昨年は馬年だったので、愛らしい駒が描かれていました。

今年はどんなのかなぁ~と開いてみると…


20150114.jpg


おお??

今年はなんだか大人っぽいです。

継ぎ紙に本を読んでいる女性が描かれています。

同封されていた解説を読むと

『勅題の「本」に因んで』と書かれています。

なるほど!

狩野探幽の歌仙絵をモチーフにしたそうです。

こういうのも素敵ですねぇ

先生、ありがとうございます!

次の研究会ではちゃんと白竹の扇子、持って行きます(^-^;)

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yachiyo529.blog55.fc2.com/tb.php/486-b5f431c0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。