FC2ブログ

八千代ブログ

見習い女将による着物ブログ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物で京都 前編

0   0

ご無沙汰しております、八千代です。

先月は所用で京都へ行ってきました

旅行中は着物で通したので、今日はその話でも


今回、京都には一泊二日の滞在予定。

朝出発して昼には京都に到着。

それから夕方まではお土産を買うため町歩き。

夜は川床で食事会

そして次の日は朝から夕方まで勉強会

まず今回の旅行のメインである勉強会はドレスコードがあり、

色無地または小紋とのこと

(色無地と小紋だと格に大分差があるような気がしますが…(^-^;))

対して初日の食事会は、ドレスコードはないけれど

「川床なので浴衣でも素敵かも知れませんね」と

参加者には事前に連絡がまわっています

そういう事なら洋服でもいいかな…と思いましたが

そうすると靴と草履の両方を持っていかなければならないので

今回洋服はナシの方向で!

第一、「ちょっとした食事会」に着て行くような服なんて持ってません!

それに食事会の前の散策することを考えると、浴衣で京都をうろつくのは

ちょっと気が引けたので浴衣という選択肢もナシです。

(京都の町には浴衣姿の若い娘さんたちが何人か歩いていましたが…観光かな?)

じゃあ浴衣でなければ何を着ていくか

浴衣でもいいと言われている場であまり気張った格好をしていては可笑しいです。

京都は盆地で暑いと聞くし、風通しのよいものを…と考えて

真っ先に浮かんだのが夏御召でした

このときは6月下旬ですので細かいことを言うと時期的にはまだ単衣ですが

この食事会はお茶事ではない、普通の食事会ですので

そこのあたりは楽に考えています(^-^)

御召ならこうしたシーンにもピッタリです

肌着は麻だと放湿性と汗の臭いが心配なので絹素材のTPO着物スリップを。

あと足に汗が伝うと不快なので麻のステテコも穿きます。

スリップの下にステテコを穿くので透け対策にもなります


さて、そうして着て行った結果は…?

長くなってしまったので後編へ続きます

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yachiyo529.blog55.fc2.com/tb.php/474-8392c62e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。