FC2ブログ

八千代ブログ

見習い女将による着物ブログ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どう着る?『母譲りのきもの』

0   0

例えば貴女がお母様やお祖母様、またはご親戚や習い事の先生などに

「私はもう着られないから、よかったら着てくれる?」

と着物を譲り受けたとします。

当時、その着物に合わせたという帯や小物も一緒に。

もちろん一式そのままのコーディネートでも

『とりあえず着る』ことはできます

でもちょっと現代の感覚とは違うような、

時代を感じさせる組み合わせに見えませんか…?

では、どうすれば今風に着ることができるのでしょう??



私も着物を着るようになってから、母の娘時代の着物を何枚か貰いました。

母の時代の着物は『良い物』が多く

そのなかには気に入ったものも何枚かあるのですが

どうしても色や柄に時代を感じてしまいます


母譲りのきもの: 絆のきものを私らしく、お手入れ (家庭画報Special)母譲りのきもの: 絆のきものを私らしく、お手入れ (家庭画報Special)
(2011/09/16)
世界文化社

商品詳細を見る



母譲りの着物でのコーディネートというのは

きもの雑誌でときどき取り上げられる題材ではありますが

この本に載っている着物はそのなかでもずば抜けて質がいいです。

『お古』だと言われないと気付かないようなコーディネートが多数掲載。

こういう本、待っていました!(●・v・●)

譲ってもらった着物を昔の帯や小物と

そのまま合わせてコーディネートしてしまうと

どうしても古臭く見えてしまいます

これはどんなに良いモノでも同じことが言えます。

大切な方から譲り受けた思い出深い着物を他人に「古臭い」と

一蹴されてしまうのは誰だって不本意なはずです。

そう言われないためにも小物や帯を工夫して、現代風に着こなしてみては?

古い着物を今風に着るためのヒントが満載の一冊です

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yachiyo529.blog55.fc2.com/tb.php/463-54f8bf41
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。