八千代ブログ

見習い女将による着物ブログ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

NO IMAGE

スポンサーサイト

続・正座用足袋

0   0
あっと言う間に一月が過ぎていってしまいました。特に何かをした覚えもないまま二月を迎えてしまいました…そんななか石川は連日、北陸新幹線の話題で盛り上がっています。開業まであとひと月とちょっとです。正座用足袋23.5cmを履きました。足の大きさは23.5~24.0cmでガクヤののびる足袋は細型の24.0cmを履いている私。しかし同じくガクヤから出ている正座用足袋の24.0cmを履くとつま先が少し余っていまし...

ジャックランタンの帯留めで遊び心を

0   0
急に肌寒くなりました「えっ、もう袷?まだ暑いよ~」と数日前まで言っていたのに…。やっと単衣の着物をパールトーンのアフターに出す気になりました。笑お願いだから、急に真夏日みたいに気温が上がるのだけはやめてね!と神様的な誰かにお願いしながら、ゆっくりと衣更え中です魔法使いの帽子を被ったジャックランタンの帯留め…小物問屋さんで目が合って、つい手が伸びてしまいました。笑ハロウィンは今月末なので、それまでの短...

手作り補正小物

0   0
着付け補正は最低限でOK、というのが私の持論ですがさらに着物をキレイに着ようと思うと部分補正が必要になります人の身体というものは通常、ウエストよりヒップの方が出ているものなのでその差が帯を締める際、お太鼓の垂れ部分のシワの原因になります。こういう場合はお尻の上・腰の凹みを補正するとお太鼓の垂れ部分がキレイに仕上がります。八千代の場合は帯を巻くときにいっしょに手拭いなどを挟み込みますが、正直あとから...

半衿のお話・振袖編

0   0
多少暑くても風は涼しいし、そろそろ衣更えしなければと自分に気合いを入れてお稽古に袷を着ていくと、先生がにっこり笑顔で「多少暑くても八千代ちゃんはきちんと暦通りね、えらいわ^^」と仰いました。そのお言葉だけで頑張って着てきた甲斐があるというものです…お釜の前はやっぱり暑かったですが。笑さて前回に引き続き半衿のお話です。昨日の普段着向きの半衿とはうって変わって今回は振袖向きの半衿について。振袖にあわせる...

楽しいハロウィン柄

0   0
神無月。本来なら衣更えをして袷を着るべきですが朝晩は涼しくても日中は袷だとさすがに暑いですね先生のお言葉に甘えて、今でもお茶のお稽古では単衣を着ています来週は頑張って袷を着ていこうと思っていますがさて気温はどうなるやら…(^-^;)小物を取り扱っている問屋さんで思わず一目惚れした半衿をご紹介します。魔法使いの帽子をかぶったオバケに箒、かぼちゃのランタン。仮装した子どもたちに配られるキャンディー。見ている...
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。